Nisel BBS:P2P型電子掲示板システム(P2PBBS)

本研究について

このソフトウェアは,著者の学生時代の研究である「分散ハッシュテーブルを用いたサーバレス電子掲示板」の成果物です.

電子掲示板システム(BBS) はクライアント・サーバ方式(C/S方式)が主流です.

C/S方式はデータの管理が容易である反面,利用者が多くなるとデータ管理サーバや管理者に大きな負荷がかかる等の問題があります.また,データ管理サーバが単 一障害点となり,何らかのトラブルでサーバにアクセスできなくなった場合,掲示板全体の機能が利用できなくなってしまいます.

本研究では,Peer-to-Peer(P2P) 技術を用い,利用者どうしが掲示板データを管理することによって,負荷分散と耐故障性を向上を図り,データ管理サーバを必要とせずに利用可能な電子掲示板 システムを実現します.

../../_images/bbs01.PNG

図1. クライアント・サーバ方式(C/S方式)

../../_images/bbs02.PNG

図2. Peer-to-Peer(P2P)方式

更新情報

  • 2009年12月22日 ベータ版リリース
  • 2010年01月08日 Sorceforge.jpにプロジェクトを登録
  • 2010年01月08日 公開ゲートウェイのソフトウェアバージョンを0.7に更新
 
$B$3$N%(%s%H%j!<$r$O$F$J%V%C%/%^!<%/$KDI2C(B