7. 高度な話題

7.1. Entity Framework Power Toolsを用いたER図の確認

Code Firstは,プログラムを実行した段階で,初めて どのようなテーブルが作成されているのかを知ることができます. しかし,場合によってはプログラムを実行する前に,どのようなテーブルが生成されるのかを 知りたい場合があります. そんなときに役立つツールが,Entity Framework Power Toolsです. このツールは,作成したContextクラスを元に,ER図を自動生成してくれます.

7.1.1. Entity Framework Power Toolsのインストール

Entity Framework Power Toolsは,拡張機能マネージャから簡単にインストールすることができます. メニューバーのツール,拡張機能マネージャーをクリックし,オンライン上からEntity Framework Power Tools を検索し,インストールを行いましょう(図 entity_pic064).

../../_images/entity_pic064.JPG

図:Entity Framework Power Toolsのインストール

7.1.2. Power Toolsが生成したER図の確認

Entity Framework Power Toolsをインストール後は, Code Firstが作成するテーブルをER図で表示させることができます.

ソリューションエクスプローラから,DbContextが継承されているクラスにカーソルを合わせ,右クリックをします. その後,Entity Framework,View Entity Data Model(Read-Only)をクリックすることで,ER図を確認 することができます(図 entity_pic075).

../../_images/entity_pic075.JPG

図:ER図の生成方法

生成されたテーブルをER図で表すと図 entity_pic063 のようになります.

../../_images/entity_pic063.JPG

図:ProductsテーブルとProductCategoriesテーブルのER図

7.2. AsNoTrackingによる高速化

  • TODO: データ読み出すだけならAsNoTrackingをつけると1.2倍くらい高速化することを書く

7.3. 大規模データ取扱い時に気を付けること

  • TODO: DbContextは内部で状態を持っている為、大量のデータをAdd, Selectするとメモリ不足に陥ることを書く

7.4. ストアドプロシージャ

  • TODO: Code Firstだとストアド使えないので、MigrationでストアドをDBにいれて、それを直接呼び出すしかない。その方法をここに書く

7.5. Proxyオブジェクト

  • TODO: POCO Proxyの作成要件について.クラスのプロパティをpublic, virtual, not-sealedにするなど
  • TODO: 遅延読み込みプロキシと変更追跡プロキシの詳細を書く
 
$B$3$N%(%s%H%j!<$r$O$F$J%V%C%/%^!<%/$KDI2C(B